×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

デジカメがなかった頃に・・・

 一枚の写真に閉じこめていた思い出の数々・・・押入の片隅に埋もれたアルバムやネガボックスを開けると,思いもかけない写真が見つかりました。デジカメのなかった頃の写真です・・・

トップページ思い出写真館>赤外線で撮った嵐山(3)      最終更新日 2009年05月17日

Vol.4 赤外線で撮った嵐山(その3)

もどる <<<  3/7  >>> すすむ

赤外線フィルムで撮った京都 嵐山

 赤外線撮影には,市販の一眼レフカメラが使えました。可視光線をカットするため,赤フィルターを装着します。赤外線は,可視光線よりも波長が長いので,普通にピントを合わせたのでは,ピンぼけの写真になります。オートフォーカスが普及する前の一眼レフカメラのレンズには,Rマーク(赤外指標)という点が刻まれていました。いったん合わせたピントをこの点に合わせて補正しなければなりません。

もどる <<<  3/7  >>> すすむ

「思い出写真館」(目次)へ

「デジカメがなかった頃に・・・・」トップページへ

写真をクリックすると,拡大します。

 

Copyright (C) 2008 デジカメがなかった頃に・・・ All Rights Reserved 
開設日:2008年5月25日  管理人:主

このページはリンクフリーですが,画像の無断使用はお断りします。
  メール,お問い合わせ,相互リンク申し込みなどは,こちらから